sakushinライフ(仮)

雑多な文書置き場

Wacom Bamboo Stylus feel がゴキゲンだったはなし - ねとけん Advent Calendar 8日目

この記事は ねとけん Advent Calendar 2014 8日目の記事です。

テーマは健康 or 今年最高のガジェットということで色々考えたのですが、今回は地味にコストに対して恩恵が高かった Wacom Bamboo Stylus feel(以下本製品) について軽く紹介したいと思います。

Wacom Bamboo Stylus feel CS300UK

Wacom Bamboo Stylus feel CS300UK

これは何?

Wacom社が販売している Wacom feel IT technologies対応スタイラスペン。
Surface Pro(初代/2) や ASUS VivoTab Note 8 等の多くのデジタイザペン対応タブレットPCで利用できるペン型入力デバイスで、対応端末の眠れるポテンシャルを最大限に引き出すのが本製品の主目的となります。

公証の動作確認機種は

    ASUS Eee Slate B121
    ASUS VivoTab™ (ただし、ASUS VivoTab™ RT と ASUS VivoTab™ Smart を除く)
    Bamboo™ Pad
    Dell Latitude™ 10 タブレット (ただし、Dell Latitude™ 10 essentials を除く)
    ErenEben (E人E本) T6
    富士通 LIFEBOOK® T732
    富士通 LIFEBOOK® T902 
    Lenovo® ThinkPad® Tablet 2
    Microsoft® Surface™ Pro
    Microsoft® Surface™ Pro 2
    Panasonic Toughbook® CF-C2
    Panasonic Toughbook® CF-H2 Field 
    Panasonic Toughpad™ FZ-A1
    Samsung ATIV smart PC
    東芝 WT310 
    東芝 REGZA Tablet AT703 / 東芝
    Excite™ Write AT10PE-A-105

とのこと。このほかナウなヤングにバカウケのGalaxy Noteでも使えたりします。

適度な摩擦

多くの端末の付属ペンはプラスチック芯を利用しており、本体ガラス面との摩擦がやたらと低い傾向があるように思えます。 紙の代替をイメージして試してみるも、予想外のツルツル加減で「!?」となった方もは多いのでは?

対して本製品はIntuosのフェルト芯に近い書き味で、適度な摩擦(画面への引っかかり)を持っているので細かい線の折り返しが重要な文字の速記や、長めの線をブレないようじっくり描くのに向いています。
また、替え芯が2種類付属しており(ソフト/ハード)好みに合わせて入れ替えることも可能です。

グリップ感と重さ

タブレットPCの本体に収納するという制約が無い分ある程度太くでき、加えてマットな質感のためグリップは高めです。

また本製品独特の特徴としてペン先保護のためキャップが付属しており、これがそこそこに重い。
尻につけておけば重心が安定し、ペンの重みを利用した筆記が可能になり、逆に外してしまえば本体は軽く、すばやく大きなストロークを重ねるようなスタイルが取りやすくなります。

ちなみに重さは実測で 本体が10g キャップが8g でした。

高コストパフォーマンス

現時点の実売価格は 2,700円 程度の模様

ワコムデジタイザペン対応端末はもともと比較的高くつきがちなので、基本性能の底上げを期待した際の費用対効果は決して悪くないのではないかと。
対応端末を複数台持つワコムスキーの方はペンの使いまわしも可能です。

デメリット

強いて挙げるなら

くらいでしょうか?

ちなみにON荷重(どれだけ圧力を加えたら描き始めとして認識されるか、低いほど柔らかいタッチが表現可能になる)はfeel IT technologies対応端末につては本製品、付属ペン含めて団子状態で、しかしながらいずれもファンユースでは必要充分な性能であるとは思います。
越えられない壁の向こうにIntuosやCintiqの上位機種(ON荷重1g)という別世界があり、魅入られた人間はタブレット沼に沈む運命にあります。

おわりに

左から Bamboo Stylus feel, Surface Pro 付属ペン, VivoTab Note 8 付属ペン

f:id:sakushin_lo:20141207161131j:plain

いくつかポイントを挙げましたが、この類のデバイスの使用感の差異は言語化できない部分が大きいので、店頭で見かけたらお手持ちの端末で試してみることをお勧めします。
特に VivoTab Note 8 や Sruface Pro (初代/2) で Bamboo stylus feel を使用した時のエクスペリエンスの向上は凄まじいので、付属ペンだけ使って「こんなものか」と思っている方は是非ともお試しを!

ではでは

init

140文字以上のエントリを公開する予定ができたので、ここを雑多な文書置き場にしようと思う。

思考を音声として発するのは好きだけど、文字に起こす習慣が(業務以外で)あまりないので、そういう類の行為に慣れておくのもよきかな。